反響のある広告を作成するには何が必要?

ブレないためにはゴールを作る

終わりのない広告は効果半減

広告を出したのは良いが、広告を出すことが目的になってしまいそれ以上のゴールを定めていないと効果は半減です。また広告を出すことがメインになってしまうとサービスの質や、顧客のサポート力がおろそかになってしまうこともありますので、あくまでも広告は一つの手段であり、通過点であることを忘れないでください。
また毎日同じような広告だとそれが当たり前になり、新鮮さを感じません。このサービスはいつでも手に入ると思った時点で、ほとんどの人は興味をなくしてしまいます。特別性を演出するためにも、広告を出すときは期間を決めることが得策です。
もしくは広告の種類をいくつも作ることで、マンネリせずに利用してくれる可能性が高くなります。

顧客に何をしてほしいのか

広告は何のために出すのでしょうか?それは顧客を獲得するためです。顧客を獲得するためには、顧客が何らかのアクションをする必要があります。
中には気になるサービスを見つけると自分で調べ、そのサービスを利用する方もいますがほとんどのユーザーが、広告から情報を読み取ろうとします。そのため、広告にユーザーが何をすればよいのかが分からないことには効果があるとは言えません。電話・メール・ウェブにアクセス、方法は問わないので、ターゲットにわかりやすく何をすればよいのかを提示すれば、おのずと広告としての効果を果たします。
そうおもって広告に目を通していると、以外にも効果的な広告は数少ないものです。それを反面教師にして、効果的な広告を作成しましょう。


この記事をシェアする