反響のある広告を作成するには何が必要?

集客をする前に方法を知ろう

そのサービスはどの層を狙っているのか

どんなに分かりやすい広告でも、ターゲットに合ったものでなければ意味がありません。またせっかく良い広告を作ったにも関わらず、誰にも見向きもされないなんて悲しいことです。
広告を出す前に、このサービスがどの層をターゲットにしているのかを確認する必要があります。例を挙げると新聞を読まない層へ向けての広告を新聞に掲載しても意味がありません。よってターゲットとなるユーザーの好みやアクションを分析することから始めなければなりません。
この話題を振ると決まって「全ての人に使えるサービスなので、問題はない。」という方がいますが、それは本当でしょうか。飲食店で例を挙げると「ファミリー向け」「カップル向け」「アルコールの提供有り」といったものに分けられるので、より効果的なターゲットを見定めることが重要なのです。

ターゲットが好むタイプを分析

ある程度ターゲットが絞れたら、どういった広告を好むのかを調べていきましょう。ティーンを含める若者に関しては、本や新聞、テレビよりもスマートフォンをメインにした電子広告の方が目に留まりやすく、気軽にアクセスしてくれます。但し、このターゲットは大きなお金を動かせるタイプではないので、コストパフォーマンスを重視しながら周りの人に見せやすいものを好みます。
反対に中年以降になるとニッチなこだわりや、長年使っていきたいという方もいますので、ある程度高価であっても納得のいくサービスを好みます。それを踏まえた上で広告を作成、出していくことでターゲットに刺さるといえます。
ターゲットを絞る事で、対象者は減りますがサービスに振り向いてくれる可能性がグンとアップします。


この記事をシェアする